しらしげ歯科医院 アクセスマップはこちらから! しらしげ歯科医院 電話 092-936-0068

永久歯列の歯並び・咬み合わせを整える「本格矯正」 & 気になる部分だけをきれいにする部分矯正「プチ矯正」



院長プロフィール

歯科医療 研修履歴

医院案内
診療理念
3つの約束
スタッフ紹介
医院の風景
歯科医師臨床研修施設

より良い治療を求めてチームワークを向上する院内行事

診療案内
一般歯科
小児歯科
予防歯科

パーフェクトPMTC

矯正歯科
小児・床矯正
ホワイトニング
インプラント
義歯・入れ歯

診療システム
一般歯科診療
歯科・予防システム
歯周治療システム

設備案内

予約のお申し込み

メール相談

関連サイトへのリンク
むし歯チェック

歯周病チェック

福岡 博多 志免町 しらしげ歯科医院 モバイルサイト

診療案内 自費料金表

プチ矯正それとも本格矯正

しらしげ歯科医院の歯並び・噛み合わせを整える矯正歯科治療

当院では日本矯正歯科学会の指導医が矯正治療を担当しており、また難症例に関しては九州大学病院と連携して治療にあたっております。

矯正治療に関しては専門的な本格矯正および比較的容易に取り組めるプチ矯正(部分矯正)をご用意しております。
患者様のお悩みや要望をよく聞いた上で複数の矯正方法をご提案しておりますので、お気軽にご相談ください。

  • 違和感の少ない【やさしい矯正治療】を心がけます
  • 全身に良い影響を及ぼす矯正治療をおこないます
  • 最後まで適切なサポートで後戻り防止に努めます
  • ていねいに説明してから矯正治療をおこないます


矯正歯科が必要とされる歯並び・噛み合わせ

キレイな歯並びでもっと積極的に 不揃い(凸凹)な歯並びだと見た目を気にするあまり、内向的になったり、非社交的になってしまうことがあります。
また、歯磨きが難しく不衛生になりがちで、虫歯や歯周病になりやすいといった問題もあり、健康的にもあまり良いものではありません。

咬み合わせが悪いと、よく咬む(咀嚼)ことができないばかりか、全身のバランスに影響するため姿勢に崩れとして現れたり、さまざまな不定愁訴の原因になることがあります。

これからご案内する歯並び・咬み合わせに該当する方はお気軽にご相談ください。
程度の問題もありますので必要・不必要の判断から進めてまいりましょう。


上顎前突−出っ歯
上顎前突−出っ歯 上顎の前歯が前に極端に出た状態です。
唇が閉じにくいため口中が乾燥しがちで、虫歯や歯周病になりやすい傾向にあります。

下顎前突−受け口・反対咬合
下顎前突−受け口・反対咬合 下顎の前歯が上顎の前歯より前に出た状態です。
食べ物が噛みにくく、また発音障害や顎関節症の心配もあります。横顔がしゃくれて見える方もいます。

叢生(そうせい)−八重歯・乱ぐい歯
叢生(そうせい)−八重歯・乱ぐい歯 歯列と顎の大きさのバランスが悪く、歯がでこぼこ(凸凹)に重なり合った状態です。
歯磨きが難しく、虫歯や歯周病になりやすい歯並びです。
見た目もあまり良いものではありません。

上下顎前突
上下顎前突 上下の歯が前に突き出た状態です。
前に突き出た口もとは見た目があまり良くありませんし、虫歯や歯周病、発音障害の心配もあります。
唇を自然に閉じることができない方もいます。

開咬
開咬 前歯が咬み合わず口を閉じても隙間が空く状態です。
口を開けたままにしがちで、口中が乾燥することから虫歯や歯周病になりやすい歯並びです。前歯で食物を噛み切れないばかりか、発音障害も心配です。

過蓋咬合(かがいこうごう)
過蓋咬合(かがいこうごう) 上顎の歯が下顎の歯に深くかぶさった状態です。
顔が短く見えたり、歯の接触損傷の心配もあります。

交叉咬合(こうさこうごう)
交叉咬合(こうさこうごう) 歯のかみ合わせが部分的に反対になっている状態です。
適切な食いしばりができず噛む機能の低下が心配されます。輪郭の歪みや将来的な顎関節症の懸念もあります。

空隙歯列(くうげきしれつ)−すきっ歯
空隙歯列(くうげきしれつ)−すきっ歯 一部の歯と歯の間に隙間のある歯並びです。
前歯の隙間の場合は正中離開とも言います。乳歯の正中離開は永久歯の生える準備段階であり問題ありません。


しらしげ歯科医院の本格矯正

健康であるとともに、美しくありたい!
これは誰もが思うことだと思います。

本格矯正の一番の目的は、
“よく噛める状態に歯並びや咬み合せを整えること”です。

見た目はもちろん、虫歯や歯周病の予防、さらには全身の健康に大きな効果の期待できる最もお勧めの矯正治療方法です。

マルチブラケット法

床拡大装置 最も一般的な固定式矯正装置による治療方法です。
1本1本の歯にブラケット(金属)を接着してワイヤーを通し、小さな力を加えて少しづつ歯を移動させます。
実績のある本格矯正で安定した矯正治療をおこなえます。

マルチブラケット法による治療例

マルチブラケット法による治療例

本格矯正 − 当院の患者さんの症例集

当院で長期間に及ぶ矯正治療を頑張った患者さんの症例をご案内します。
固定式の矯正装置は歯磨きが難しくなるため“虫歯リスク(なりやすさ)”は高まるし、常時装着している矯正装置の負担もしばらくすれば慣れるとはいえ大変なものです。
でも、キレイな歯並びを獲得された患者さんの喜びはやはり輝いて見えます。

症例1 女性 26歳 治療期間2年
叢生で前歯・小臼歯の咬み合せも逆になっています。
笑った時の歯並びが気になるとお悩みでしたが、
治療を一緒に頑張った結果、きれいな歯並びと健康的な咬み合せを実現できました。

症例1 女性 26歳 治療期間2年
症例2 女性 20歳 治療期間2年半
写真ではちょっとわかりづらいのですが上下顎の前突と前歯の開咬を気にされていました。
治療後は口元が前に出たような見た目が解消され、上下の前歯も正しく咬み合うようになりました。

>症例2 女性 20歳 治療期間2年半

症例3 女性 18歳 治療期間2年
上顎前突と下顎の叢生です。
上の歯の出っ歯と下の歯のでこぼこを気にされていました。
きれいな放物線を描く歯列弓に改善でき、出っ歯も歯のでこぼこもなくなりました。

症例3 女性 18歳 治療期間2年

症例4 女性 12歳 治療期間3年
右側(向かって左側)の上下の犬歯の萌出異常と叢生です。
顎の拡がりが狭く、苦し紛れに生えてきた感のある永久歯ですが、見た目や将来のことを考え矯正治療をすることになりました。

症例4 女性 12歳 治療期間3年

症例5 女性 23歳 治療期間2年
前歯の正中離解(すきっ歯)と前歯の開咬です。
前歯のすきっ歯はかなりきにされていましたが、前歯が咬み合わない開咬は健康のためにもよくありません。治療後はきれいな歯並びと咬み合わせに改善できました。

症例5 女性 23歳 治療期間2年

症例6 女性 14歳 治療期間3年
右側(向かって左側)の上下の犬歯の萌出異常と叢生です。
症例4でも同様のケースを案内しましたが、犬歯の萌出異常は比較的よくある萌出以上です。矯正治療後は固定式の矯正装置を外し、リテーナーという後戻りを防ぐための取り外し式の保定装置を一定期間装着します。

症例6 女性 14歳 治療期間3年

症例7 女性 11歳 治療期間2年
右側(向かって左側)の上下の犬歯の萌出異常と叢生です。
症例4・6と同様のケースの症例です。

症例7 女性 11歳 治療期間2年

症例8 男性 12歳 治療期間5年
叢生と永久歯の萌出スペースの不足です。
顎が狭く歯がでこぼこに並んでいます。顎を拡げてこれから生えてくる永久歯のスペースを確保してあげることで、歯並びをきれいに整えることができました。

症例8 男性 12歳 治療期間5年

症例9 女性 12歳 治療期間3年
叢生とディープバイト(咬み合せが深い)です。
軟食の影響か最近は顎の狭い子が多く、このような歯並びはよく見られます。
顎を拡げて歯並びを整えるとともに、本来望ましい咬み合わせに改善しました。

症例9 女性 12歳 治療期間3年

症例10 女性 10歳 1期治療3年弱・現在2期治療中
1期治療は12・13歳くらいまでの咬合誘導が中心の治療です。
この子の場合は1期治療で反対咬合をほぼ改善できました。
これから固定式矯正装置を使った本格矯正(2期治療)によって、さらにきれいに歯並びを整えていきます。

症例10 女性 10歳 1期治療3年弱・現在2期治療中

本格矯正の治療費の目安

当院では矯正治療を始める前に、治療費や治療期間などをできるだけ詳しく説明しております。また、“矯正治療契約確認書”を作成し、患者さんの同意を得た上で治療に入りますので、安心して矯正治療に取り組んでいただけます。

治療費は歯並びや咬み合せ、顎の骨の状態によって多少変動しますが、参考として治療費の目安をご案内します。

初診料   2,100円
検査料 写真撮影、歯型採取、パノラマレントゲン 10,500円
矯正基本料
 本格矯正 永久歯列のマルチブラケット矯正
  矯正基本料  治療開始時 472,500円
  目立たないエステティックブラケット適用時の加算料 52,500円
  保定料  保定開始時 52,500円
  調整料  毎月1回 1回 5,250円
  観察料  保定時等 年2~4回 1回 3,150円
  合計 735,000~840,000円
 一期治療 混合歯列期 乳歯と永久歯の混在する時期の小児矯正
  矯正基本料 105,000~262,500円
  調整料  毎月1回 1回 5,250円
 二期治療 一期治療後、治療がさらに必要な場合のマルチブラケット矯正
  450,000円 − 【一期治療基本料の半額】が矯正基本料です


しらしげ歯科医院の部分矯正・プチ矯正

前歯の歯並びが気になるけど、
矯正は治療期間も長いし治療費も高いしなぁ・・・

と思い悩んでいる方が多いと思います。

一般的に矯正治療(歯列矯正)は、上顎と下顎のバランス、歯の大きさとあごのバランスを整えることにより、あご全体の咬み合わせを構築しながら歯並びを治していくため、数年の治療期間がかかります。

対して、
プチ矯正の最大のメリットは【治療期間が短い】、【費用が比較的安価】なこと”です。
歯並びや咬み合せ全体を整える治療ではないため、状態によっては適用できないこともありますが、部分的な歯並びの改善をお望みの方にはお勧めの矯正治療です。

前歯の見た目だけでも何とかしたい!
とにかく簡単に早く、安く矯正できたらいいのに!

といった要望をお持ちの患者様にお勧めの矯正治療です。

本格矯正とプチ矯正の違い

本格矯正 プチ矯正
全歯列の矯正 前歯のみの部分矯正
治療費が高い(70万円以上) 治療費が安い(約20~30万円)
治療期間が長い(3年以上) 治療期間が短い(3~9ヵ月)
なれるまで痛みがある 本格矯正よりも痛みが少ない

プチ矯正 − 当院の患者さんの症例集

当院でプチ矯正をされた患者さんの症例をご案内します。
プチ矯正による矯正治療が可能かどうかは【咬み合せや歯と顎の状態】によって決まるため、十分な検査が必要です。
治療に要した期間はどれも6ヶ月~9ヶ月です。

症例1
症例1 上顎前歯の交叉咬合(クロスバイト)です。
たった一本の不正咬合を治すだけで、見違えるほどきれいな歯並びになりました。

症例1

症例2
症例2 上顎前歯部の開咬です。
このようなちょっと気になるところを治したいといった場合にプチ矯正は最適です。

症例2

症例3
症例3 上顎前歯の正中離開(すきっ歯)を気にされてた患者さんです。 これ以外に歯並びや咬み合わせに大きな問題はないのでプチ矯正で歯並びをきれいにしました。

症例3

HOMEこのページのトップへこのページのトップへ