しらしげ歯科医院 アクセスマップはこちらから! しらしげ歯科医院 電話 092-936-0068

子どもの歯並び・咬み合わせ矯正「床矯正」 小児矯正無料相談も実施中!



院長プロフィール

歯科医療 研修履歴

医院案内
診療理念
3つの約束
スタッフ紹介
医院の風景
歯科医師臨床研修施設

より良い治療を求めてチームワークを向上する院内行事

診療案内
一般歯科
小児歯科
予防歯科

パーフェクトPMTC

矯正歯科
小児・床矯正
ホワイトニング
インプラント
義歯・入れ歯

診療システム
一般歯科診療
歯科・予防システム
歯周治療システム

設備案内

予約のお申し込み

メール相談

関連サイトへのリンク
むし歯チェック

歯周病チェック

福岡 博多 志免町 しらしげ歯科医院 モバイルサイト

診療案内 自費料金表

歯並び・咬み合わせを整え良い顔貌をつくる こども床矯正

床矯正無料相談実施中 − お気軽にご相談ください
歯を抜かない非抜歯矯正 ・ 6~11歳の矯正治療「床矯正」

この子の歯並び大丈夫かしら・・・ 矯正のために歯を抜くのって抵抗ありませんか?

6歳くらいから
永久歯に変わり始める子どもの歯・・・
デコボコした歯並びが気になるお母さんは歯医者さんに相談に行きました。

しかし、歯医者さんに
「もうすこし様子を見ましょう」
と言われてしまいました。
でも、いつまで様子を見ればよいのでしょうか?

それは12歳~15歳ころまでです。
矯正治療をするために抜く歯(多くは前から4番目の歯:第一小臼歯)が生えてくるのがこの時期だからです。
つまり抜く歯が生えてくるまで様子を見るのです。
これはアメリカ式の日本でも一般的な矯正治療です。もちろん、この矯正方法も一つの治療方法です。

しかし成長期の子どもだからこそ可能な“歯を抜かない”、しかも“お得な矯正治療”があります。
それが子ども向けの矯正治療「床矯正」です。

お子様の歯並びや咬み合わせでお悩みの方は、いつでもお気軽にご相談ください。


小児矯正無料相談実施中!

きれいな歯並びの子にしたい!素敵な笑顔の子にしたい!

次のチェック項目がひとつでも該当する方は小児矯正無料相談をご利用ください。

小児矯正チェック項目
小児矯正無料相談


ところで“床矯正”ってどんな矯正治療なの?

床矯正を一言で言うと「顎の拡大治療」です。
“拡大”と言っても、ただただ顎を大きくするのではありません。
歯が凸凹(でこぼこ)になるのは、多くの場合、顎がきちんと育っていないためです。細くて狭い顎に歯がきれいに並ばないのは当然のことです。

また床矯正は咬合誘導の一種とも言えます。
咬合誘導は永久歯が正しく生えるように誘導する治療です。永久歯は部位によって生える時期が異なるため、永久歯の生え具合いを診ながら“きれいな歯並び”と“適切な咬み合わせ”を追求していきます。
床矯正と咬合誘導で歯並びと咬み合わせを育てます
床矯正と咬合誘導で歯並びと咬み合わせ

歯並びと咬み合わせを育てる床矯正 4つの特徴
歯を抜かずに矯正できる
顎を拡げてできたスペースを利用して歯を並べるため、健康な歯を抜かずに歯並びを整えることができます。

必要な時に矯正装置を外すことができる
固定式の矯正装置ではないので、食事中・国語や音楽などの話す授業・運動中は外すことができます。

歯並びだけでなく、本来の「良い顔」に成長できる
お子様の顎の成長を良い方向に促していくので、良い顔貌・良い輪郭に育てることができます。

早期に治療を始めれば費用も時間も少なくできる。
10歳頃までに治療が終えることができれば、矯正装置の数も少なくてすみます。
当歯科医院では矯正装置1個が約6万円です。年齢や歯並びの状態によって必要な装置の数は異なりますが平均で2~3個です。

床矯正の欠点・弱いところ
床矯正では治せない歯並びがある
極端な歯のねじれ 歯がねじれていたり、回転している場合は床矯正でスペースをつくった後、ワイヤーを用いた固定式の矯正が必要になります。

モチベーションが必要
床矯正で使用する矯正装置のメリットは着脱自在であることですが、これはデメリットにもなりえます。
床矯正では毎日20時間の矯正装置の装着が必要です。いつでも取り外せる分、“歯並びをきれいにしたい”といったモチベーションも必要です。


当歯科医院の小児矯正 “こだわり床矯正”

床矯正でお子様の健やかを応援します♪ 矯正装置を使って歯や顎骨に力を加え続ければ歯並びは整っていきます。しかしこれは人為的なものであり、補助的な治療とも考えられます。

小児矯正の場合、当歯科医院ではバイオセラピー(生体療法)を本来の治療に位置付けています。歯並びが悪くなる原因の多くに生活習慣があり、軟食・姿勢・悪癖などがあります。成長著しい子どもの“歯並び”はこれらの問題を無視していては解決できないためです。

本来の治療 − バイオセラピー(生体療法)
様々な悪癖(良くないと言われる癖)は健やかな成長を阻害する要因になります。これらの要因を取り除くことで、歯も顎も体も正常に成長できるように促します。

歯並びを悪くする癖の改善
お母さま方にお子様の癖についてお聞きし、歯並びに悪影響を及ぼす以下のような癖のある場合は改善方法などをご案内します。

口をあけている 指しゃぶり
頬づえなど、顎(片顎)に負荷のかかる癖 舌を咬む
上唇・下唇、特定の物を咬む  

食生活の見直し・噛む訓練
食べることの基本は“前歯で噛み切り、奥歯で磨り潰す(咀嚼)”です。この咬む力が顎や脳に刺激を与え、より良い成長を促します。
軟らかい食事中心の現代食の問題点や噛む訓練(咀嚼機能訓練)などについて説明して“歯並びや咬み合わせ”の改善に取り組みます。

咀嚼回数の改善 食材や食事の際の工夫
咀嚼機能訓練 ガムやチューブを使った咀嚼訓練

補助的な治療 − 床矯正装置を用いた治療
床矯正装置 床矯正装置は未発達な顎を永久歯の収まる本来の顎の大きさに拡大する装置です。
入れ歯に良く似た取り外しのできる装置で、食事中・国語や音楽などの話す授業・運動中は外すことができます。幼児でも簡単に取り扱うことができ、違和感もそれほどありません。

基本的に使用する矯正装置は“床拡大装置”で、内臓されたスクリューをご自宅で回すことで装置が拡大し、顎が少しずつ拡げていきます。

多種多様な矯正装置
先に紹介した“床拡大装置”の他に多種多様の装置があります。
床矯正では、歯並びの状態やその時々の目的に応じて、以下のような装置を用いることもあります。

固定式上顎拡大装置 クオドヘリックス
針金のスプリング力で、顎骨の幅を拡大したり、奥歯(臼歯)のねじれや傾きを整えます。
クオドヘリックス
クオドヘリックス
固定式上顎拡大装置 バイヘリックス
針金のスプリング力で、顎骨の幅を拡大したり、奥歯(臼歯)のねじれや傾きを整えます。
バイヘリックス
バイヘリックス

固定式上下顎矯正装置 リンガルアーチ
針金のスプリング力で、顎骨の幅を拡大したり、前歯の交叉咬合を正します。
リンガルアーチ
固定式上顎拡大装置 急速側方拡大装置
30日で6mmと急速に顎を拡大する装置。 正中口蓋縫合を拡げることの可能な小児用。
急速側方拡大装置


きれいになった歯並びを定着させる “保定期間”

人為的に動かした歯並びはそのままにしておくと元に戻ってしまいます。
そのため矯正治療では歯並びを定着させる保定期間が必要になります。床矯正も同様で治療期間の2~3倍程度の保定期間が必要です。
保定を怠り、歯が動いてしまうと、最悪の場合“再矯正”が必要になることもあるため、保定期間は矯正治療中よりも大切な期間といえます。

きれいになった歯並びを守る保定装置(上顎用)


床矯正の治療費の目安

床矯正の総治療費はお子様の治療を始めた時期や治療開始時の歯並びの状態などに左右されます。

当院では床矯正を始める前に、お子様の状態を確認し、治療費や治療期間などをできるだけ詳しく説明しております。
また、“矯正治療契約確認書”を作成し、お母さん方の同意を得られた上で治療に入りますので、安心して床矯正に取り組んでいただけます。

検査料 10,500円
床矯正装置 1個につき 63,000円
矯正再診料 毎月3,150円(簡単な調整のみ)~5,250円(その他)
装置修理料 1回 5,250円

保定装置 1個につき 63,000円
保定装置修理料 1回 5,250円


床矯正治療時の注意事項

  • 矯正装置は壊さないように大事に扱ってください。
  • 1日最低14時間以上(できれば20時間)、毎日装着してください。
  • 床拡大装置の使用時は2日に1回必ずネジを巻いてください。
  • 歯磨きはやさしく、でも一生懸命に。月に1~2回通院してください。
  • 来院される時は、必ず使用している状態でおいでください。
  • 矯正治療中4ヶ月に1回、保険診療で歯石取りや歯のクリーニングをおこないます。保険診療になりますので、矯正診療日とは別の日になります。
  • 保定を怠って歯が動いてしまった場合の再矯正は初回のみ半額にておこないます。
  • 矯正治療中はご本人の努力と周囲の方の協力があって初めていい結果を生み出します。



小児矯正無料相談実施中!
小児矯正無料相談実施中!

HOMEこのページのトップへこのページのトップへ